アイスコーヒーを淹れる ダッチコーヒー?

0
    そろそろ暑くなってきましたね。
    夏が近づいて来たって感じです。

    夏と言えばやはり「アイスコーヒー」ではないでしょうか。
    今日はアイスコーヒーを作ります。

    まぁ、ホットもおいしいのに変わりはないですが・・・

    でも、普通に淹れるアイスコーヒーって面倒ですよねぇ
    最近では麦茶のように水に付けるだけのコーヒーもありますが、
    前にどっかのメーカーのを買ってきて作ったんですけど・・・
    なんか あまりおいしくなかったんですよね。

    で、色々と調べたら・・・
    実は、コーヒーの成分って水に溶けやすいんです。
    ですから水出しコーヒーでもおいしく飲めるはずなんです。
    ただし、苦味成分はお湯でないと良くは出ないので
    全体的にまろやかすっきりした味わいのコーヒーになるみたいです。

    よって豆は深煎りとかローストが進んだものを選ぶ方が良いでしょう。
    本格的な水出しコーヒーはオーストラリア人が発明したらしく
    「ダッチコーヒー」と言います。

    こういうカッコイイ器械で淹れます。



    そんな高い器械買えないので・・・
    もっと雑に作りますw

    。歓様僂箸のサーバーを用意します。
     コーヒー豆を30g〜40gとか好みで適当に入れます。


    ⊃紊鮑遒蠅燭の未泙播当に入れます。


    うちは水道水ではなく井戸水なので蛇口からミネラルウォーターが出ます。

    FΔ反紊馴染むように混ぜます。


    い佞燭鬚靴栃置します。
     3〜4時間と言われてます。
     ボクハせっかちなので1〜2時間で完成としてます。


    ソ侏茲△ったら普通にコーヒーを淹れるようにろ紙で濾します。


    こんな感じです


    ウィスキーの空瓶などに入れると知り合いなどに出すときカッコイイです。

    Υ粟


    ディスカウントで売っているような安い豆でも結構おいしく飲めます。
    色んな豆で試したりブレンドしてみたりしても面白いかもしれません。
    夏休みの自由研究みたいで楽しいかもしれません。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック