JOYSOUND 自宅でカラオケ PS3 か wii か・・・

0
     今日は自宅でカラオケするマシーンの話です。

    って大袈裟かい?

    数年前にうちのおやじがカラオケの機械を買ってきた。
    こいつだ・・・



    これ・・・曲数少ないし・・・なんか・・・ねぇ・・・

    ダウンロードも面倒・・・


    って事で検索していたら joysound が自宅で出来るらしいではないか!
    ってわざとらしい?w

    2年前にハドソンからwiiでカラオケ出来るソフトが出たんだけど
    会社がつぶれて?ソフトが生産終了されている

    で、現在 ぼったくり価格で売られている



    これ・・・4200円の商品だよね?
    http://joysound.com/ex/wii/

    足元見るね〜
    でもこのソフト単体でカラオケ出来るわけじゃないのよね
    カラオケを本格的にするには、ネットに繋がんなきゃいけんのよね
    で、実はネットが繋がるなら今はwiiで1,000円でダウンロード出来るんだが…
    なんでjoysoundで紹介してないんだ?
    これって知らんやつは騙されるんじゃね?
    不親切ですな…

    つか・・・ちゃんんとウェア版のページあるし・・・
    http://joysound.com/ex/st/wii/wiiware/

    wiiのショップチャンネルで、wiiウェアの検索で「カラオケ」で検索すると
    ダウンロード購入出来るようになります。

    wiiって生産終了されてます。
    だってwiiU出てるからね。
    中古だと安くなってるね。
    が、ニュースチャンネルだとか、お天気チャンネルのサービスは終了されます。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130413-00000011-zdn_n-sci

    あと、DSiで曲選択出来たりするらしい・・・がそれはぼったくりのSUPER DXでのみ可能だそうだ・・・
    しかも200Dsiポイントが必要だ・・・
    さらに他のシリーズ(ウェア版とか)では使えないようだ・・・
    なんてもったいない機能w
    まぁ・・・wiiUだと似た感じで利用できるみたいだ。




    wii本体って新品で買う意味あんのかな?

    話は戻って・・・wiiの購入チケットはセブンイレブンとかコンビニに売ってあります。

    1,000円でプログラムが買えます。
    で、カラオケのシステムは歌い放題になってます。
    それにもチケットがあります。
    1日券が300wiiとか1か月で1000wiiだとかです。
    詳しくはサイトなどで確認されたし・・・

    つまりダウンロードしてカラオケするなら2,000円分のチケットをコンビニで買うべし。
    ちなみにクレジットカードも使えるようです。

    wiiをダウンロードで買った場合とかマイクが無いと思うので
    マイクの記事を参考にされたし・・・

    wiiのUSBカラオケマイク


    ちなみにwiiUだと最初からカラオケ付いてます(何!






    で、色々調べてたら・・・
    PS3でも使えるんじゃないか!
    更に、PS3は プログラムは無料なんですぅ・・・orz




    JOYSOUND DIVEって名前です。
    http://joysound.com/ex/st/ps3/index.htm

    PS3のPlayStation Storeでダウンロードできます。

    こちらもwii同様 チケットが必要になります。
    PS用のチケットをコンビニで買うと良いでしょう。

    PS3の利点としては、手持ちのUSB機器の大半が使えるって事ですな。
    たまたまなのかもしれませんが・・・
    私の場合、キーボードもマウスも認識しました。



    そして、PS3の場合 USBリンクケーブルも認識したんですよね。





    つまり・・・


    ゴッパーが使える!!!←決まり文句



    似た音質の安いマイク♪



    あとPS3だとボーカルのエフェクトに「ケロボイス」もあるので楽しめるかも。


    あと、楽しむ為にはカラオケの本があった方がいいかも・・・




    ご近所が心配なら・・・
    こんな防音マイクを購入して、ミュートカバーだけを付けかえれば便利?


    以上

    火星<marsrecords.net>

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック