そうだ!CDコンポを作ろう!(所要時間60分くらい)

0
     そういうわけで今回は、どこの家にも余っているカーコンポを使った
    リサイクル部屋用CDコンポの製作を行いたいと思います。

    今回用意した物は下記写真のものになります。


    1.CDデッキ(車のコンポを付け替えて余ったやつ)
    2.どっかから持ってきた電源アダプター(使わなくなった12Vアダプタ)
    3.スイッチ(車のアクセサリー用)
    4.100均で買ったテレビケーブル(ボロい)

    他、スピーカー、ギボシ端子など
    直接銅線を結んではんだ付けなどしても良いです。
    スピーカーは車のスピーカーでも壊れたコンポのスピーカーでも
    100均スピーカーでもなんでも良いと思います。

    「電源配線」
    まず電源を確保します。
    なんかのアダプターの差し込み部分をCDデッキの電源に対応させるため加工します。



    アダプターは車が12Vなのでそれなりのアダプターを家のどっかで探してきます。
    (+)電源は大体が印のついている(白)線入りの方です。
    出来ればコンセントに差し込むなどしてテスターで調べたいところですが、
    ここは面倒なので 感でいきます。(自己責任)

    「アダプターなんかねぇよ!」と激怒の皆さんはこちらで・・・




    基本的な線の加工の仕方は
    先ず線の真ん中から2つにわけ被膜を剥きます


    電源はバッテリー電源(黄)とアース(黒)に繋ぎます

    「スピーカー配線」
    私の場合はアンプ付きスピーカーを使いますので、
    スピーカーへの差し込み口を加工します。


    ヘッドフォンやAVケーブルは剥くと
    真ん中に小さな被膜付きの線と銅線に分離します。
    真ん中の線も加工時は被膜を剥きます。


    基本的に真ん中の細い線が(+)で外側の銅線はアースです。
    このままギボシ端子をつないでも良いのですが、
    線の加工が難しいのでどっかからか銅線を持ってきて加工し
    それを繋げる方をオススメします。←最初に言った材料に入ってない(爆

    赤黒の線など分かりやすい線にギボシ端子のプラマイを繋げます。



    もう片方を写真の様に線同士を巻き付けはんだ付けします。
    この時、黒と赤の配線の長さを段違いにしておくと
    後で別々にビニールテープなどで被膜した際に両方の被膜の膨らみで大きくなって見苦しい加工になるのを防ぎます。

    赤い線を(+)に黒い線をアースに繋げます
    が、ちょっとまって!やっちゃいけないけどコレやると綺麗で簡単なオリジナルの方法を伝授!

    写真を見てもらうと分かるように配線内に青い管があるのが見えますか?
    先ほど黒と赤の線の長さを変えて段違いしました
    そしてその線は接触してショートしないように加工します
    すると線を重ねても大丈夫になってます
    ショートしないように全線を重ねて圧着パイプを被せて圧着するとスリムに配線出来ます!
    (写真をよく観察してください)

    線をはんだ付けする前にこういったドライヤーなどで圧着するパイプを配線に入れておくと
    後で綺麗に加工出来ます。
    無い場合は線をビニールテープなどで巻きます。



    100均に売ってあります。
    またはこちらで・・・


    「スイッチ配線」
    次にカーコンポの電源の(+)は2個あります
    アクセサリー電源と主電源です

    常時電源を流す事でコンポに時計やCDをどこまで再生していたかを
    記憶させるための電源と
    車のキーを入れたらパネルなどを光らせる電源です。

    で、車のキーの代わりにスイッチを別で付ける必要があります。
    アクセサリー電源(赤)とアース(黒)に繋げます


    今回使ったスイッチはこれ


    こんな感じに取り付けました
    もちろんスイッチは付けなくても良いし
    他にカッコイイのがあれば使っても良い
    ギボシ端子を使う時に抜き差ししても良い
    画鋲とかまぼこ板で作っても良い
    お好みで・・・


    完成!
    こんな感じに設置しました。
    カロッツェリアのコンポなんでそこそこ音は良いと思います。


    使用したコンポ


    まぁ・・・わざわざ買って作らなくても普通にコンポ買った方が安かったりもします
    余ってたらチャレンジしても良いかもしれませんし
    外側のケースを色々工夫したら楽しい工作が出来るかもしれません。
    壊れたプリンターに埋め込んでみるとか・・・
    友人を驚かせるのには良いかもしれません
    手作りでなんちゃってコンポをプレゼントしたら驚くかもしれませんよ
    因みにPCの5インチポートには入りませんのであしからず(3cmくらい狭い)
    今回は家にあったもので作ったので出費は0円でした。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック