今日は「土のう」を作ってみた

0

     ハウツーものですw

    もし川の水があふれて家の前まで押し寄せてきたら

    あなたの家の玄関で土のうを積んで対処しなければなりません!

    そうです もはや土のうは無くてはならない家庭のマストアイテムなのです!

    1件に50個は土のうを用意して災害に備えましょう!

    なんつって(懐

    って事で土のう作り

    必要な物

    ・20Lオイル缶

    ・土のう袋

    ・山砂(詰め物)

    ・その他

    まず不要になったオイル缶を用意します。

     

    オイル缶の底をくり抜きます

    ここで使う道具は

    ・平タガネ

    ・セットハンマー

    缶切りの要領でタガネを缶のふちに当ててセットハンマーで叩いて缶を切ります

    底が抜けましたw

    切り口がギザギザになっているので

    ハンマーで叩いてなめらかにします

    一応 これで缶が完成したので

    早速 土のうをつめたいと思います


    缶に袋を被せます

    缶に向かって袋を押しこみます

    つまり出来あがりは袋が裏返ります

    土を詰め込みます

    剣スコで大体6〜8杯


    一度製作してみたんですが、

    やはり袋に缶の切り口が当るのでグラインダーで削る

    使用したグラインダー

    これより安いグラインダーは

    やはり振動と音が少しひどい

    メーカーだけあって安定しているオススメ


    で、ガムテープを貼って補強

    さすがにスムーズになった

    長時間作業する場合

    左手は上から握る方が良いとされています

    土のうの縛り方

    1.最初に上に引っ張ります

    2.土のう口を次に下から握ります

    3.人差し指の下を通って一巻きします

    4.親指の上を軽く通り2回巻きます

    5.2巻きしたら親指の下にひもを持っていきます

    6.親指でグイッとひもを引き上げ末端を通します

    7.グイッと引っ張ります

    8.そのまま引き上げて完成

    缶に袋をかぶせるコツは最初に左手を缶の外側に袋を当て固定し

    左手を動かさずに右手をゆっくり袋を引っ張って缶の縁に当てながら回します

    最後に右手が缶を回りきったらグイッと缶の縁に袋を被せ切ります

    これを繰り返しているとコツが分かってきます

    コツがつかめれば両手で一気に缶に被せられるようになります

    被せた袋は出来るだけ抑えて広げた方が砂がスムーズに入っていきます

    毎回同じようにしないと入り方が変わるのでサイズが変わってしまうので注意

    詰め終わったら紐の端を軽く引っ張ると

    缶から袋を離すのが楽です

    袋自体が締まって細くなるので抜けやすくもなります

    短い時間で沢山作れます

    慣れれば2時間程度で2tダンプ一台くらいは作れると思います

    ※個人差がありますw

    最後に 動画も撮ってみました

    ちらっとブスが映ってますがご勘弁を

    でぶったおいらですw

    慣れたら1分掛りません


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック