コーヒーミルでも買おうかと思って色々検討したが・・・結局コレかよw

0
     最近はアイスコーヒーばっかで
    主にダッチコーヒーなんで
    色んな安い粉豆を買ってきてはサーバーに水と一緒に入れて
    冷蔵庫で作ってるんですが・・・

    やはり豆がおいしくないとおいしいコーヒーは作れませんな!


    それから冬になったらエスプレッソマシーンを買おうかなぁとか思っているので
    今使っているミルではちょっと力不足なんで買い替えを検討中

    今使っているのは・・・
    カリタ電動ミルOT-40でamazonで豆付きで売ってありますな


    って事で色々amazonで調べてみた

    Kalita 【50周年企画 限定販売商品】 SLミル
    すげー
    金持ちの道楽か店の飾りですな


    まぁこれを買っておけば間違いないんだろうけど…
    Kalita ナイスカットミル (レッド)


    故障してもパーツが多いだろうかと思われる。

    そういえば焙煎セットなんてのもある
    生豆と焙煎用の網とミルのセットなんだが
    初心者にはオススメですな
    全部そろちゃいます


    出来れば上から入れて下へ出てくるタイプ
    で、出来るだけ安いもの

    これなんかいいね


    同じようなもので


    で、結果 これを買っておこうかと・・・


    使いやすそう・・・
    色々と調べると静電気で豆がひっついていたり
    カスなどを掃除するハケを買った方がいいかなぁと思ったり
    後から色々ありそうだけど現在の購入第一候補です


    ちなみに一位はこれなんだけど・・・


    これとかかっこいい



    まぁ…好みもありますなw←それかよ



    って事でこれのどっちか買います!←優柔不断w

    アイスコーヒーを淹れる ダッチコーヒー?

    0
      そろそろ暑くなってきましたね。
      夏が近づいて来たって感じです。

      夏と言えばやはり「アイスコーヒー」ではないでしょうか。
      今日はアイスコーヒーを作ります。

      まぁ、ホットもおいしいのに変わりはないですが・・・

      でも、普通に淹れるアイスコーヒーって面倒ですよねぇ
      最近では麦茶のように水に付けるだけのコーヒーもありますが、
      前にどっかのメーカーのを買ってきて作ったんですけど・・・
      なんか あまりおいしくなかったんですよね。

      で、色々と調べたら・・・
      実は、コーヒーの成分って水に溶けやすいんです。
      ですから水出しコーヒーでもおいしく飲めるはずなんです。
      ただし、苦味成分はお湯でないと良くは出ないので
      全体的にまろやかすっきりした味わいのコーヒーになるみたいです。

      よって豆は深煎りとかローストが進んだものを選ぶ方が良いでしょう。
      本格的な水出しコーヒーはオーストラリア人が発明したらしく
      「ダッチコーヒー」と言います。

      こういうカッコイイ器械で淹れます。



      そんな高い器械買えないので・・・
      もっと雑に作りますw

      。歓様僂箸のサーバーを用意します。
       コーヒー豆を30g〜40gとか好みで適当に入れます。


      ⊃紊鮑遒蠅燭の未泙播当に入れます。


      うちは水道水ではなく井戸水なので蛇口からミネラルウォーターが出ます。

      FΔ反紊馴染むように混ぜます。


      い佞燭鬚靴栃置します。
       3〜4時間と言われてます。
       ボクハせっかちなので1〜2時間で完成としてます。


      ソ侏茲△ったら普通にコーヒーを淹れるようにろ紙で濾します。


      こんな感じです


      ウィスキーの空瓶などに入れると知り合いなどに出すときカッコイイです。

      Υ粟


      ディスカウントで売っているような安い豆でも結構おいしく飲めます。
      色んな豆で試したりブレンドしてみたりしても面白いかもしれません。
      夏休みの自由研究みたいで楽しいかもしれません。

      今日はコーヒー豆を煎ってみた。自家焙煎にお手軽チャレンジ♪

      0
        必要な材料は・・・
        家のコンロでやっても良いのですが・・・
        豆の皮が飛び散ります。
        焙煎が出来るようになればキャンプでも焙煎して珈琲が飲めますよ。

        生豆のセット


        ギンナンを煎る網を使います
        網を振ってる際に豆が飛び出さないようにクリップでとめます。


        カセットコンロ・・・今使ってるの壊れたから買おうかな・・・


        煎った豆はすぐに冷まさないと余熱で焙煎が進むので
        ドライヤーの冷風を利用して手で触れるようになるまで冷まします。



        それでは作業を進めよう
        まず生の豆を網に入れクリップでふたをとめます。
        留め金付きを買ってもいいかもしれません。
        サイズは今回紹介したものがベストだと思います。
        また、豆を一度洗ってから焙煎する人も居ます。
         

        さっそく火を付けて煎って行きましょう。
        大体 火から5cm〜10cm程度離します。
        上下左右ぐるぐる・・・豆が均等に煎れるように工夫しながら煎っていきます。
        中火程度が良いと思います。


        10分も煎ればパチパチと音がして豆の皮が飛び散ります。
        数分後にもう一度同じ状況が訪れます。


        まだ青いですな。
        新しい豆は生くさいです。


        焙煎時間は好みだったりローストの種類だったり奥が深いです。
        大体20分くらいで完成しますが、豆の色や香りなどではんだんすると良いかと・・・
        この豆 おいしそう!と思ったらそれが僕のポイントです。
        試しに1粒かじってみるといいかもしれません。
        豆って食べてもいいんですよw
        粉っぽいのが嫌いな人は無理かもしれませんが。
        私は好きです。いつも行く喫茶店はんの木のマスターはキャンプなどアウトドアでは
        3〜4粒かじりながら水を含んで口の中でアイスコーヒーを作って飲んだりするそうです。


        作業終了後のコンロの状況
        皮が飛び散ってます。
        片付けが大変なんで外でやってます。


        出来あがった豆
        結構深めにローストするので、豆の油が出てきて
        きらきらと輝いてます。


        すぐに他のざるに移してドライヤーの冷風で手で触れる温度まで冷まします。


        こんな感じに仕上がりました。
        1粒かじって味見しましょう。
        ・・・苦い


        早く飲みたくてあわてて作業をして豆をぶちまけました


        分かりにくいですが、焙煎したて挽きたては ものすごく膨らみます。


        今回は上の写真に載ってるポットではなく
        これと同じようなポットを使いました。
        フィルターで淹れようとすると口が長いほうが入れやすいからです。


        お湯の出口がいまいちだったので
        サンダーで切ったり、ハンマーで叩いたりして自分好みの出になるように調整してます。


        出来ました。
        今回 私が使用した豆は「パプアニューギニアAA」でした。
        とても美味しく出来ました。



        おいしいコーヒーの淹れ方

        0
           今日は おいしいコーヒーの淹れ方を紹介しよう


          なんつって


          コーヒーを好きで毎日 自分で淹れて飲んでいるんですが、
          やはり本格的な喫茶店の味には程遠く毎日が修行と葛藤なんですな

          この間の結婚記念日に、嫁が昔からなじみの喫茶店「はんの木」に行ったんですよ。
          http://www.kumacafe.com/kumamoto/kamitori/hannoki.php

          オールドビーンズのある喫茶店です。
          10年以上昔の豆を使ってたりもします。
          豆って古くなったら駄目なもんだと思ってたけど・・・
          すっごいおいしいコーヒーの飲める貴重なお店です。

          で、マスターと話をしていたら お店で販売している特注のコーヒーポットを買うと
          コーヒーの淹れ方を教えていただけるそうです。
          カウンターに座れば淹れ方を披露して頂いているので、見ているだけでも勉強にはなりますが、
          実際に手順を追って教えていただけるのはなかなか無いので・・・買っちゃいましたw
          嫁に多少カンパしてもらってw

          注ぎ口が特殊な加工してもらうので、注文してから少し時間が掛るらしいです。

          いままで使ってたポットは嫁の母から頂いたポットで、
          どうしても注ぎ口を伝って余計なところにもお湯が落ちて使いにくかったんですよね。
          でも、一般的なポットなので、どこのを使っても同じだと思っていたんです。


          この辺のと同じものですな。
          価格も使い勝手も横並びだと思います。


          そして数日後・・・届いたのが・・・

          これだ!



          前面に付いているマークは[heavy]のマークです。
          サンドブラストで自分で入れました。


          前使っていたものと大きさを比較すると


          こんな感じです。

          ちなみに・・・この特注のポット・・・

          2万7千円!!!!

          むひょおおおおおたけぇえええええwwwww


          同じポットを定価で買うと1.5万円なんで1.2万円も高い!

          その秘密はこの部分だそうです


          この部分の特許代が お高くなってる部分だそうな・・・

          まぁ・・・いつもなら自分で加工とかするんですが・・・
          流石にステンレスは厳しいですな
          一生物として・・・自分の形見になるくらい使う事を心に誓うのであった。


          ちなみに無加工のポットはこれ



          お店では「ろ布」を使って淹れてます。



          その様を見ているだけで「おいしいだろうなぁ」と思います。
          が、管理がちょっと面倒だったり・・・
          毎回使う度にお湯で豆の油を洗い流し、きれいな水に付けて(タッパーなどで)保管します。
          ろ布は一度乾くと使い物にならなくなるそうです。

          なのでおいらは普通にろ紙・・・つまりペーパーで淹れます。


          他に気分次第で色々なものを使います。
          今まで使っていたものは・・・

          これはろ紙がいらないステンレス網のものでエコですな。
          手持ち出来るものを買おうか検討中



          ごはん食べながらコーヒーを入れたいときはサイフォンにしたりもします。


          今のサイフォンってろ布だけでなくペーパー式もあるんですよ!
          これだとペーパーの管理が無くて楽に喫茶店の味が出来る♪
          見てても楽しいですしね☆


          あと便利なのが豆とお湯を入れるだけのやつ


          これ超便利!



          おいしい淹れ方はyoutubeにあった
          「珈琲きゃろっと」さんが紹介してました。
          http://www.coffeecarrot.com/douga-perpar.html




          まぁ・・・僕が習ってきたのと違うけど・・・w



          | 1/1PAGES |