カチカチになった練朱肉を練り直してみた

0
     オイラから年賀状をもらった人は知ってるだろうが
    手紙などには必ず「てん刻」って言う印鑑を押すのね。
    で、その時の朱肉はスタンプとかじゃなくて
    ちゃんとした練朱肉を使います。

    そのほうが綺麗に押せるから。

    で、家に練朱肉の良いのがあったんだけど

    朱肉が乾燥してカチカチだったので

    どうするか っつーと

    「ヒマシ油」を使って練り直します。




    ガチガチの朱肉をできるだけ細かくし
    様子を見ながら数滴ずつヒマシ油を足して練っていく


    捏ねる・・・捏ねる


    ビニールに入れて指で捏ねる


    こんな感じに


    下の容器に移し替える


    平にする


    終わり



    そうだ!CDコンポを作ろう!(所要時間60分くらい)

    0
       そういうわけで今回は、どこの家にも余っているカーコンポを使った
      リサイクル部屋用CDコンポの製作を行いたいと思います。

      今回用意した物は下記写真のものになります。


      1.CDデッキ(車のコンポを付け替えて余ったやつ)
      2.どっかから持ってきた電源アダプター(使わなくなった12Vアダプタ)
      3.スイッチ(車のアクセサリー用)
      4.100均で買ったテレビケーブル(ボロい)

      他、スピーカー、ギボシ端子など
      直接銅線を結んではんだ付けなどしても良いです。
      スピーカーは車のスピーカーでも壊れたコンポのスピーカーでも
      100均スピーカーでもなんでも良いと思います。

      「電源配線」
      まず電源を確保します。
      なんかのアダプターの差し込み部分をCDデッキの電源に対応させるため加工します。



      アダプターは車が12Vなのでそれなりのアダプターを家のどっかで探してきます。
      (+)電源は大体が印のついている(白)線入りの方です。
      出来ればコンセントに差し込むなどしてテスターで調べたいところですが、
      ここは面倒なので 感でいきます。(自己責任)

      「アダプターなんかねぇよ!」と激怒の皆さんはこちらで・・・




      基本的な線の加工の仕方は
      先ず線の真ん中から2つにわけ被膜を剥きます


      電源はバッテリー電源(黄)とアース(黒)に繋ぎます

      「スピーカー配線」
      私の場合はアンプ付きスピーカーを使いますので、
      スピーカーへの差し込み口を加工します。


      ヘッドフォンやAVケーブルは剥くと
      真ん中に小さな被膜付きの線と銅線に分離します。
      真ん中の線も加工時は被膜を剥きます。


      基本的に真ん中の細い線が(+)で外側の銅線はアースです。
      このままギボシ端子をつないでも良いのですが、
      線の加工が難しいのでどっかからか銅線を持ってきて加工し
      それを繋げる方をオススメします。←最初に言った材料に入ってない(爆

      赤黒の線など分かりやすい線にギボシ端子のプラマイを繋げます。



      もう片方を写真の様に線同士を巻き付けはんだ付けします。
      この時、黒と赤の配線の長さを段違いにしておくと
      後で別々にビニールテープなどで被膜した際に両方の被膜の膨らみで大きくなって見苦しい加工になるのを防ぎます。

      赤い線を(+)に黒い線をアースに繋げます
      が、ちょっとまって!やっちゃいけないけどコレやると綺麗で簡単なオリジナルの方法を伝授!

      写真を見てもらうと分かるように配線内に青い管があるのが見えますか?
      先ほど黒と赤の線の長さを変えて段違いしました
      そしてその線は接触してショートしないように加工します
      すると線を重ねても大丈夫になってます
      ショートしないように全線を重ねて圧着パイプを被せて圧着するとスリムに配線出来ます!
      (写真をよく観察してください)

      線をはんだ付けする前にこういったドライヤーなどで圧着するパイプを配線に入れておくと
      後で綺麗に加工出来ます。
      無い場合は線をビニールテープなどで巻きます。



      100均に売ってあります。
      またはこちらで・・・


      「スイッチ配線」
      次にカーコンポの電源の(+)は2個あります
      アクセサリー電源と主電源です

      常時電源を流す事でコンポに時計やCDをどこまで再生していたかを
      記憶させるための電源と
      車のキーを入れたらパネルなどを光らせる電源です。

      で、車のキーの代わりにスイッチを別で付ける必要があります。
      アクセサリー電源(赤)とアース(黒)に繋げます


      今回使ったスイッチはこれ


      こんな感じに取り付けました
      もちろんスイッチは付けなくても良いし
      他にカッコイイのがあれば使っても良い
      ギボシ端子を使う時に抜き差ししても良い
      画鋲とかまぼこ板で作っても良い
      お好みで・・・


      完成!
      こんな感じに設置しました。
      カロッツェリアのコンポなんでそこそこ音は良いと思います。


      使用したコンポ


      まぁ・・・わざわざ買って作らなくても普通にコンポ買った方が安かったりもします
      余ってたらチャレンジしても良いかもしれませんし
      外側のケースを色々工夫したら楽しい工作が出来るかもしれません。
      壊れたプリンターに埋め込んでみるとか・・・
      友人を驚かせるのには良いかもしれません
      手作りでなんちゃってコンポをプレゼントしたら驚くかもしれませんよ
      因みにPCの5インチポートには入りませんのであしからず(3cmくらい狭い)
      今回は家にあったもので作ったので出費は0円でした。

      今日は「土のう」を作ってみた

      0

         ハウツーものですw

        もし川の水があふれて家の前まで押し寄せてきたら

        あなたの家の玄関で土のうを積んで対処しなければなりません!

        そうです もはや土のうは無くてはならない家庭のマストアイテムなのです!

        1件に50個は土のうを用意して災害に備えましょう!

        なんつって(懐

        って事で土のう作り

        必要な物

        ・20Lオイル缶

        ・土のう袋

        ・山砂(詰め物)

        ・その他

        まず不要になったオイル缶を用意します。

         

        オイル缶の底をくり抜きます

        ここで使う道具は

        ・平タガネ

        ・セットハンマー

        缶切りの要領でタガネを缶のふちに当ててセットハンマーで叩いて缶を切ります

        底が抜けましたw

        切り口がギザギザになっているので

        ハンマーで叩いてなめらかにします

        一応 これで缶が完成したので

        早速 土のうをつめたいと思います


        缶に袋を被せます

        缶に向かって袋を押しこみます

        つまり出来あがりは袋が裏返ります

        土を詰め込みます

        剣スコで大体6〜8杯


        一度製作してみたんですが、

        やはり袋に缶の切り口が当るのでグラインダーで削る

        使用したグラインダー

        これより安いグラインダーは

        やはり振動と音が少しひどい

        メーカーだけあって安定しているオススメ


        で、ガムテープを貼って補強

        さすがにスムーズになった

        長時間作業する場合

        左手は上から握る方が良いとされています

        土のうの縛り方

        1.最初に上に引っ張ります

        2.土のう口を次に下から握ります

        3.人差し指の下を通って一巻きします

        4.親指の上を軽く通り2回巻きます

        5.2巻きしたら親指の下にひもを持っていきます

        6.親指でグイッとひもを引き上げ末端を通します

        7.グイッと引っ張ります

        8.そのまま引き上げて完成

        缶に袋をかぶせるコツは最初に左手を缶の外側に袋を当て固定し

        左手を動かさずに右手をゆっくり袋を引っ張って缶の縁に当てながら回します

        最後に右手が缶を回りきったらグイッと缶の縁に袋を被せ切ります

        これを繰り返しているとコツが分かってきます

        コツがつかめれば両手で一気に缶に被せられるようになります

        被せた袋は出来るだけ抑えて広げた方が砂がスムーズに入っていきます

        毎回同じようにしないと入り方が変わるのでサイズが変わってしまうので注意

        詰め終わったら紐の端を軽く引っ張ると

        缶から袋を離すのが楽です

        袋自体が締まって細くなるので抜けやすくもなります

        短い時間で沢山作れます

        慣れれば2時間程度で2tダンプ一台くらいは作れると思います

        ※個人差がありますw

        最後に 動画も撮ってみました

        ちらっとブスが映ってますがご勘弁を

        でぶったおいらですw

        慣れたら1分掛りません


        続・エンジンスターター

        0
           昨年末に車にエンジンスターターを付けようと思い
          設計図を描いて実際に作って装着してみたんですが・・・


          動きません←笑


          よくよく図面を見て電気の通り方やら考えたら
          単に電気をスルーするだけだった←流石素人


          で、更に考えてみたら
          キーを挿しっぱなしにする気もないし
          キーを回して「ON」の状態でエンジンを掛ける
          なんちゃってエンジンスターターでOKなんで

          って考えていたら


          なんだ パジェロの時と一緒ではないか・・・orz


          って事で

          もう一度考えてみた


          車に自作のエンジンスターターを付けようと思い考えてみた・・・

          0
             先月 新車から乗っていた平成7年式のパジェロを手放しまして・・・
            ヴォクシーの60系に乗り換えました

            家族が増えたのでとても便利

            で、パジェロに乗ってた頃に
            お遊びでキーを回した後にボタンを押してエンジンをかける
            なんちゃってプッシュ式エンジンスターターを付けていて
            気に行っていたので
            乗り換えたヴォクシーにも付けようと思って

            市販されているエンジンスターターのハーネスを購入して
            車両の配線を調べてみたら
            パジェロの頃と違って
            少し 複雑な配線みたいだったのです

            で、ネットで調べたら
            どうやらイグニッション

            IGが1と2とあって二つが其々繋がった状態で
            常時電源のAM1とAM2が其々 ST1とST2に繋がって
            エンジンが掛るみたい

            キーを回すと
            ACC→ON→START
            の順序なんで
            それらから考えて 配線図を考えてみた・・・

            なんやかんやで一週間掛ったんだけど・・・

            あってるのかな・・・

            今はまだ机上の空論みたいなかんじなんだが・・・

            下手すると車が燃えたりしますので
            もし、この図面を実践してなんらかの障害が起こっても
            責任取りません


            って事で
            これ・・・



            詳しい人が居たらなんかおかしい点とかあったら教えていただきたい・・・

            | 1/3PAGES | >>